湯平温泉(大分県由布市)

大分

由布院の中心から15kmくらいかな。
湯平温泉郷へ。
道中、金色の稲穂と彼岸花のコントラストに思わず足を止める。

湯平温泉、ここも『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』のロケ地。
ここはがっつり舞台になってる。
寅さん見て鄙びた雰囲気のいい温泉地だったので、行きたいなぁと思ってた。

花合野川に沿って家や旅館などが並ぶ。
その間の石畳の坂道をえんえんとをのぼる。
赤い提灯が点々と。
あー、いいっ。
いいカンジで鄙びてる。
風情がある。
たまりません。
ひとけがなくてすっごい静かなのだけど、タオルやカメラを持った人たちもちらほら。
夜提灯に灯りがともったら幻想的だろうなぁ。

立ち寄り湯が可能な共同浴場が5ヶ所ある。
これまたどこにしようか迷うねー。
とりあえず歩いていたら、お風呂が一つしかなくて奇数と偶数で男女わけしている中の湯がちょうど女性の日だったので、そこに入ることにした。


無人風呂。
料金200円を入口の料金箱に入れる。
リフォームしたての新しい脱衣所。
だけどお風呂は街並み同様いいかんじで年期が入ってる。
窓を開けると川のせせらぎ。

本当はこういうところに泊ってのんびり美味しいものでも食べたいのだけど、一人だと割高になるし、やっぱり豪華な食事は人とおしゃべりしつつ、楽しい時間を共有しながらとりたいのよね。

 

(9月中旬/4泊5日/志高湖キャンプ場と大分・熊本湯巡り)

大分
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅