狭野神社(宮崎県西諸県郡高原町)

宮崎

のじりこぴあを出て道の駅ゆーぱるのじりに寄り道するも、このまま行くとキャンプ場のチェックイン開始13時より前に着いてしまう。
そんな時見つけた神社に寄ってみた。

狭野神社

神武天皇、幼名;狭野尊(サノノミコト)、を祀っている。
この近くの皇子原神社が生誕地。
事始めの神(事業所安全)、厄除開運、交通安全、子供達の守り神、長寿の神として崇められている。
霧島山を囲むように建つ神社、霧島六所権現(霧島神宮、霧島岑神社、霧島東神社、東霧島神社、夷守神社)のひとつ。
もともとは霧島山を信仰対象とする山岳信仰。

ふむふむ、寄ってみなければ狭野神社のことも、霧島六所権現のことも知らないままだったな。

両脇を背の高い杉の木に囲まれ歩く参道。
急に開けた視界の先にある社殿社殿を見た時は、こんな所にこんな素敵な所が!と嬉しくなった。
私は西参道から入ったけど、表参道の方は1kmほどの杉並木が続く日本一長い参道らしい。
次はそちらを歩こう。

 

 

西参道の入口付近からの風景。

 

(9月末/3泊4日/南九州・秋の始まりを追いかける)

宮崎
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅