ランチ難民、佐多岬に行く

鹿児島

串間市を通ったのが11時、ランチには早すぎる。
宮崎県串間市のお食事処 大之屋の「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」(1000円)は、宮崎オススめし県民総選挙南那珂エリア1位のメニュー。
後ろ髪をひかれつつ、スルーして鹿児島県へ。

お天気がよくて、海が青くて、本当に気持ちがいい。
時々止まって写真をとったりしながら、鹿児島県肝属郡錦江町のさんぺいを目指す。
不定休、電話番号公開なし、おじさんの気まぐれオープンだが、刺身定食(1000円)がめちゃめちゃ新鮮で豪華らしい。

開いていますように、と祈るような気持ちでお店に到着。
人気店なのに車がそんなに止まってない。
いやな予感・・・

玄関口まで行ったら、おじさんが中から、

「ごめんねー、今日、魚とれなかったんだよー」

ざんねーーんっ><。
すごい楽しみにしていたのに。

この日は快晴、天気予報では翌日から曇り始める。
翌日行くつもりだった、佐多岬、今日行ってしまおうかな。
ちょうど佐多岬の近くにもチェックしていたお店が1軒あった。

鹿児島県肝属郡南大隅町の時海へ。
お目当ては時海丼(1200円)、めちゃめちゃ新鮮な魚が溢れんばかりにのった海鮮丼。

12時半頃到着したら、お店の前の駐車場は満杯。
他に止められるとこないかお店の人に聞にったら・・・

「予約でいっぱいです。」

そうやった・・・ここは人気すぎて要予約てなんかに書いてあった・・・

途中めぼしい店があれば、と思っていたけど、さすがいきなり黄金伝説秘境めし全国1位に選ばれた店だけある、その先はほとんど店はなかった。

空腹を抱えたまま佐多岬へ。
九州本島最南端、北緯31度線上に位置する岬。
10月だというのに南国ムード満点。
達証明書も販売している。

何か食べるものがありますように、と祈りながらの到着。
店がある!と思ったけど、食べ物はソフトクリームだけだった。
腹を満たすためのソフトクリーム。

岬の先端の方は再整備の工事中のため行けなかった。
2018年3月末完成予定。
あー、きっとあそこにはレストランができるんだろうな・・・

ソフトクリームじゃ腹が満たされなかったので、車に積んであった魚肉ソーセージとチョコレートを食べる。

今日の海鮮ランチをどれだけ楽しみしていたことか。

大隅半島の先端まで来てまさかのギョニソ・・・

来る途中に道の駅があった。
海沿いのロケーション、きっと食堂にはなんらかの海鮮メニューがあるはず!
そう思いたち、数枚写真を撮って佐多岬を後にする。

14時過ぎ、道の駅 根占へ。

スタンプより先に食堂へ直行。

「本日の営業は終了しました」

ま、まじかよ。

大隅半島はギョニソの味・・・

 

 

(10月上旬/3泊4日/南九州海尽くしキャンプ)

鹿児島
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート