関之尾の滝(宮崎県都城市)と溝ノ口洞穴(鹿児島県曽於市)

宮崎

明るくなったら通勤ラッシュが始まる前に帰ろう、早く帰りたい、と思いながら寝たのに、ぐっすり寝て目が覚めると晴天、せっかくなのでお目当ての関之尾の滝と溝ノ口洞穴を見てから帰ろう、と気が変わる。

 

関之尾の滝(宮崎県都城市)は、日本の滝100選に選ばれており、幅40m高さ18m、滝上には甌穴群があり、これは世界でも珍しいくらいの規模らしい。
滝の目の前を渡る橋、水しぶきがすごくて、虹が近い。
写真に撮れなかったのが残念だけど、はっきりとしたアーチを描いていた。

 

関之尾の滝からほど近く、溝ノ口洞穴(鹿児島県曽於市)は、湧き水の浸食で数千年の年月をかけて作られたといわれる岩穴。
近年パワースポットとしても有名になっているらしい。
穴からの見える神秘的な景色もさることながら、穴の前の広場スペースに惹かれた。
ここ絶対、古代より人が踊ってた!って雰囲気。
実際、今でも奴踊りを踊るお祭りが開催されているらしい。

 

 

そして、道の駅でお土産を買いながら帰宅。

結局出発前にたてたミッション、海鮮ランチ5軒のうち1軒も果たすことができなかった。

あーーーーーーっ><。

 

 

 

 

(10月上旬/3泊4日/南九州海尽くしキャンプ)

宮崎鹿児島
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート