念願の波佐見焼きショッピング(長崎)

長崎

さぁ、さぁ、さぁ、楽しみにしていた嬉野温泉(佐賀)。
どこ入ろー。
”うれしの源泉”という肩書きが気になって、百年の湯へ。
お湯につかりながら、じわぁ〜と体がほぐれていく。
ふぅ〜〜〜っ

そして、波佐見(長崎)へ。
ここも来たかったぁーっ!!
年内に波佐見行きたいと思って、ここ数ヶ月欠けた湯のみ使い続けていた。
ミルクピーッチャーも割れたし。
波佐見焼きは、北欧調なものやモダンなもの、可愛いものが多くって若い人たちの間で大人気(だよね?)
お値段もお手頃の、普段使いの食器。

まずは白山陶器。
あー、もうしょっぱなから欲しいものがいっぱい。
しかもほとんどが4割引。
そう、窯まで来たらたいていどっこも直販価格で2〜4割引きなの。
素敵!
白山陶器、欲しいのありすぎて選べずじまい。
まぁ、また通るし、と思い次の店へ。

 

ギャラリーとっとっと(一真窯)、ここは多くの窯元が点在する中尾山にある。
「とっとっと」は長崎弁で「とっている」。
宮崎弁だと「とっちょっと」ね。
お店の人と話してて、ついつい湯のみとミルクピッチャーお買い上げ。
白い白磁、削って模様をいれているものが、日にすかすととっても綺麗ですごく欲しかったんだけど、これまた一つ一つ模様が違ってて選べない。
選べないのよー。
結局、模様入りの湯のみと「或る列車」別名「スイーツ列車」で使われているミルクピッチャー。
おまけに陶器のお湯飲み付けてもらえた。
これがおまけのくせにすっごく使い勝手よくって、一生懸命選んで買ったものよりこっちのほうよく使っているかも。

お店で貰ったマップを片手に周りに点在する窯も見て回る。
そして、近くにある鬼木の棚田へ。

 

 

お目当てのものは買ったし、これで波佐見を後にして武雄でちゃんぽん食べて、図書館行って、温泉入ろうと思っていたのだけど。

 

 

(11月上旬/11泊12日/佐賀バルーンフェスタと旅キャン)

長崎
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート