九州・道の駅ランキング

その他もろもろ

九州じゃらん12月号についていた別冊付録の道の駅本。
「道の駅総合ランキング2017」のTOP20に、わが故郷、宮崎が1駅も入っていないことが軽くショック。
え、なんでいんの?の山口が2駅入っているのに。
このランキング、よくよく見るとオモシロイ。

ソフトクリーム総選挙では、5位のうち2〜4位を宮崎が占めている。
1位は長崎。
宮崎、長崎共に総合TOP20には1駅も入っていない。
要はソフトクリームは道の駅の満足度に貢献しないということか。
いや、ソフトクリームは「JAF×じゃらん」で「JAF会員」が含まれているから「じゃらん」のみのアンケートとは違う結果になるのかも。

TOP20の横に、土産・レストラン部門TOP10、ソフトクリーム総選挙TOP5に該当するものは、その順位を入れてみた。
レストランより土産の方が満足度に影響が大きいようだ。
この中の7駅でトイレを使ったけど、どこも記憶に残るような素敵なトイレだったわけでもないし。
1位のうきはは、2位と大差、ぶっちきりで1位なのよね。
気になるわー、その魅力。

(データソース、九州じゃらん12月号 道の駅本)

 

総合ランキングTOP20の中に福岡から8駅。
宮崎・鹿児島・長崎からは0駅だけど、山口からは2駅ランクイン。
地図上でTOP20に印をつけると、見事に宇目(大分)ーあそ望の郷くぎの(熊本)ラインより南はランク外だ。
九州の北部、真ん中寄りに偏っているように見える。
TOP20で私が営業中に行ったことあるのが、阿蘇(大分)・ゆふいん(大分)・あその望(大分)・原尻の滝(大分)。
共通して有名観光地に近い。

じゃらんが九州北部を旅行する人、特に福岡、広島の人をメインターゲットにしているのなら、この結果も腑に落ちる。
山口が入るのも納得。

12月号のおでかけクーポン数をみると、総数128枚中、
福岡10枚、佐賀13枚、熊本30枚、大分30枚、長崎32枚、宮崎3枚、鹿児島9枚。
九州の中でも、南部は観光客が少ないゆえの結果だろう。
福岡で発行されている温泉博士でも宮崎の手形一ヶ月おきにしか対象がないのも気になってたんだよな。
なんかくやしーなー。
観光資源、魅力が劣っているとは思えない故に。
距離と交通網の問題はかなり大きい。

 

県別観光客数が気になるので、国土交通省観光庁の県別観光客統計データをみてみる。
⇒通基準による観光入込客統計

平成27年データを加工したものがこちら。

うわっ、宮崎、桁違いで観光客も消費額も少なっ。
佐賀は長崎と福岡に挟まれた立地で得してるような。
鹿児島の宿泊客と消費額が多いのは、屋久島や奄美大島など離島の影響かな。
長崎の集計中、気になる。
過去の分さかのぼってみたけど、ずっと集計してる。

ショックだなぁー。
わが宮崎。
他県に比べ魅力がないと言われているみたいで。
確かに泊ってみたい宿とか思いつかない。
海鮮類も美味しいものいっぱいあるのに、ニワトリのイメージが強すぎる。
全国に誇れる美しい景色もあるけど、交通が不便すぎる。
(私でも近くまで行ってるのに道が悪すぎてこわくなって引き返したりしてるし・・・)
マイナー、陸の孤島、秘境イメージを一面に出して、宮崎をディープに楽しめるのが旅の上級者だよねー、みたいにくすぐるとか。
それだとドカンとは人こないかー。
昔はハネムーンのメッカだったらしいけど。
大阪、東京住んでたけど、宮崎帰省するより海外旅行行く方が安かったしなー。
今は、ゴルフや野球、サッカーのキャンプ頼みか。

あー、そうだ。
ついこないだ、ちょいと気になるお宿みつけたんだった。

来年はもっともっと宮崎の魅力を掘り下げよう。

 

その他もろもろ
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅