ながゆ温泉の虜になる(大分)

大分

九重”夢”大吊り橋から本日の宿泊地、道の駅ながゆ温泉を目指す。
ラムネ温泉、すーごく気になってたんだぁ。
道中、結構細いくねくね道。
だけど、紅葉すごかった。
対向車は1台もなかったけど、アナグマ3匹見た。

ラムネ温泉館はガイドブックで見た通り、かわいらしいファンシーな建物だった。
外観だけでなく、中も。

露天がぬるぅ〜いしゅわしゅわ温泉。
顔をつけるとピリピリするけどすべすべになるということなので試してみる。
ホントにピリピリ。
こりゃ期待出来るぞ。
5回以上はつけた。
そしたら、3日間ほどウソみたいにお肌すっべすべ。
ひゃーーー!また行かねば。
うちにこの温泉ひきたい。

道の駅ながゆ温泉、商店街の中なのでトラックも車通りもなく静か。
そしていくつもの良質の温泉が徒歩圏内。
人気の車中泊地っぽい。

朝は散歩がてら歩いて、長生湯へ。
こちら市営の無人温泉で、入口のところで200円入れると回転扉が動き中に入れる。
なんともモダンな。

川の方をのぞくと長生湯の向かいにガニ湯が。
こんな町なかにあるんや。
あー、入りたいけど勇気いる。

 

 

(11月上旬/11泊12日/佐賀バルーンフェスタと旅キャン)

 

おんせん県PR動画。
さすがです。

 

【おんせん県】「シンフロ」篇 フルバージョン SHINFURO:Synchronized Swimming in Hot Springs

 

大分
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅