冬の風物詩、大根やぐら(宮崎)

宮崎

宮崎県は漬け物用の干し大根の生産量日本一。
子供の頃は、冬になると家の軒先やパイプ式のガードレールに大根が干してあるのをよく見かけたものだ。
中心的な産地のひとつ宮崎市田野町では、大きな大根やぐらがたくさん出現するという。
いつか見に行きたいなぁ、と思っていた矢先、偶然まったく違うところで大根やぐらを発見した。

児湯郡新富町、買い物の帰り、ナビに身を任せて走っていたら、見晴らしのいい畑の中に突如出現。
大きい!
撮影の了解をもらいがてら、いろいろと話を聞いた。

この近辺でもやぐらを組むところはあまりない。
写真を撮りに来る人たち結構いて県外からの人が多い。
3日前には東京からも来たって。
みんな高そうなカメラを持って来るんだとか。

 

 

 

やぐらの中にはたくさんのストーブ。
気温の下がる夜には、ブルーシートをかぶせて一晩中たく。
その灯りがすごくきれいらしい。
雨や霜で濡らさない、凍らせない、結構手間ひまかかった贅沢な食べ物なのだ。

 

 

 

田野町にはこれが250基ほどあるらしい。
うわぁ〜、こりゃ見に行かなきゃだわ。

宮崎
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅