大根やぐらと郷土料理(宮崎)

宮崎

天気予報を見ると、明日から冴えない天気が続くようなので、重い腰を上げ、宮崎市田野町に大根やぐらを見に行ってきた。

田野町の大根やぐらは有名らしいがどこを目指せばいいのか、駐車場はあるのか、とかとかわからない。
出発前に宮崎市観光協会に問合せてみる。
特に駐車場はなく、邪魔にならないところを見つけてとめればいいとのこと。
ナビの目的地は、google map の大根やぐらの表記があるところをセット。
無事、大根やぐら到着。
だけど、正月明けのせいか大根があまり干されていなかった。
ザンネーン。
広々とした畑、至るとこに大根やぐらがある。
すげー!!
これはまた出直したい。

 

 

黒い土。
なんか豊かそう。

 

 

大根が干されていないからこそ見れる絵もある。

近くにある直売所、宮崎市田野物産センターみちくさに寄ってみる。
入口のゲートはやぐら風。
あるある干した大根、普通の大根、大根の漬け物などなど。

 

 

みちくさのお隣にあるでこん村へ。
(でこん=だいこん)
こちらは魚の直売&喫茶。
ここで昼食を。
定食には、漬け物バイキンが付いている。
もちろん、やぐら大根も。
左の白いやつ。
美味しい。
甘め(スイートチリソースぽい甘さ)で茶がすすむ。

 

 

ここで昼食をとろうと思ったのは、宮崎の郷土料理、かにまき汁があったから。
山太郎ガニを甲羅をはがして、足も身もついたまま石臼ですりつぶす。
味噌をいれてすり混ぜて、水をいれてまぜたものをザルでこす。
まだ食べたことなかった。
ここは定食に100円プラスすれば、普通のみそ汁をかにまき汁にかえられる。
チキン南蛮や魚うどんもあったので、800円で宮崎郷土料理尽くしが味わえるのだ。

 

 

そして、みちくさで買った郷土菓子。
あくまき、ねりくり、いりこもち。
商品はなかったけど、ふくれ菓子の札もあった。
郷土菓子についてはまたゆっくりと。

 

 

 

撮影:2017.1.6

 

宮崎
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅