【宮崎の郷土料理】ごんぐり・こなます

宮崎

宮崎には“ごんぐり”という郷土料理ある。

というのを数ヶ月前に知った。
ごんぐりとは、マグロの胃袋である。
魚の内蔵、食べたことない。
内蔵系も海鮮系も好きなので、とっても気になる。
食べに行ってみた。

 

ごんぐりかき揚げ丼

ごんぐりは元々日南のほうで食べられていて、日向に伝わり独自の味付けなんかをしていくうちに今ではすっかり日向でも郷土料理として定着しているらしい。

臭みはまったくなく、コリコリしている。
うまい。
甘辛い味付けにごはんがすすむ。
魚の胃袋にこんなに歯ごたえがあるとは。

 

そして、もうひとつ、”こなます”。
こちらは日向市細島の漁師料理。
細かく刻んだカツオをごはんに混ぜて焼きおにぎりにしたもの。
がっちりにぎってじっくり焼いてあり、なんとも香ばしい。

道の駅ほそしま
日向市細島769-4

港にある漁協直営店。

 

ごんぐりかき揚げ丼定食 レディスサイズ 600円
こなます 1個 100円

定食にはすべてあら汁が付く。

海を眺めながらこのお値段でこれだけ食べられたら満足しないわけにはいくまい。

 

 

宮崎
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート