九州ちゃんぽん紀行

熊本

今回長崎ランタンフェスティバルに行くにあたって、食べようと思っていたものがある。

ちゃんぽん。

長崎で発祥したちゃんぽん。

限られた時間、お店の目星をつけておこうとちゃんぽんを調べると、九州三大ちゃんぽんなるものがあることがわかった。
長崎ちゃんぽん、天草ちゃんぽん、小浜ちゃんぽん。
その他の地域でもご当地ちゃんぽんとして推している街がいくつかあるらしい。

軽い好奇心から、ちゃんぽんを8杯も食べてしまった。

 

まずは九州三大ちゃんぽん。

【長崎ちゃんぽん(長崎市)】

長崎まで来てちゃんぽん食べるのに、ここははずせない。
ちゃんぽん発祥の店四海楼
ちゃんぽん 1080円
上品なちゃんぽん。

 

そして中華街からは江山楼
ふんぱつして特製ちゃんぽん1620円。
思ったほど華やかな盛りはなかったので普通の(800円)にしておけばよかった。
がっつりとんこつスープが美味。

 

【小浜ちゃんぽん(長崎県雲仙市)】

ニュー小浜
から揚げちゃんぽん 750円
朝の10時にちゃんぽん食べられる所ないかと観光案内所に情報求めて行ったら、から揚げちゃんぽんが美味しいと聞いたので。
透明感のあるスープはあっさり。
鶏ガラベースかな。

 

【天草ちゃんぽん(熊本県天草市)】

みよし食堂亀川店
ちゃんぽん 700円
スープの塩気がキャベツとさつま揚げの甘さをひき立てる。
キャベツ多めのちゃんぽん好き。

天草には明月という幻のちゃんぽん店がある。
残念ながら営業時間中に近くを通らなかったのでスルー。

 

そしてその他のご当地ちゃんぽん。

【平戸ちゃんぽん(長崎県平戸市)】

めしどころ一楽
平戸ちゃんぽん 710円
平戸ちゃんぽんの特徴はあご(飛魚)出汁だと思っていたのだけど、あご、入ってなかった。
麺は太く食感がなんか違う。
アゴ出汁のちゃんぽん気になるなー。

 

【北方ちゃんぽん(佐賀県武雄市)】

井出ちゃんぽん 本店
ちゃんぽん 700円
もやし多め。
カツ丼がよく出ていた。気になる。

 

常楽軒
ちゃんぽん 670円
最初、うわっゴマ油!って思ったけど、これがクセになる。
うまい。

 

もうね、汗の代わりに豚骨スープ出てたと思う。

 

ちゃんぽんを求め、発祥の地長崎市まで辿り着いた(わけでもないけど)私、そこで得た情報は、

リンガーハット最強説

 

一番真剣に時間とお金をかけてちゃんぽんを研究している店はリンガーハットであり、今や一番美味しいちゃんぽんを作るようになった、という説。

マジか。

 

リンガーハット
野菜たっぷりちゃんぽんミドル 737円
国産野菜100%ですって。
野菜たっぷりメニュー、ちゃんぽんドレッシング(柚子胡椒・生姜)なるものもあって、ちゃんぽんは野菜を美味しく食べれてなんぼの層(私)の存在をよくわかっていらっしゃる。
随分おひさしぶりのリンガー、値段だいぶ上がった?

 

人によって好みが違うから美味しい店も違う。
今回8杯食べてわかったのは、自分の好み。
こってり豚骨ベース、味は濃くないほうがいい、キャベツたっぷり、イカが入っていると嬉しいけど海鮮具はMUSTではない、さつま揚げの甘さいいかも。
上の8軒の中だとみよし食堂とか常楽軒。

 

美味しいちゃんぽんの旅はまだ始まったばかりだ。

 

熊本佐賀長崎
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート