シュガーロード 長崎街道

お菓子_長崎

九州で郷土菓子に興味を持った者が、避けて通れない道がある。

それは、砂糖の通った道、シュガーロード。

長崎から小倉までの228km、長崎街道を通って海外から出島に入った砂糖は京や江戸へと運ばれて行く。
長崎や長崎街道沿いは、砂糖やお菓子作りのノウハウが流通しやすく、菓子文化が発達していったのだった。
ポルトガルから伝わったお菓子が、カステラや丸ぼうろ、金平糖などのような南蛮菓子として、日本独自の進化をしたお菓子になって根付いたのも大変興味深い。
また、日本を代表するお菓子メーカー、グリコ・森永の創業者はどちらも佐賀出身である。

今回ちょっと、シュガーロードに思いを馳せてみた。

 

まずは、外国の船から砂糖が降ろされる出島。
小学校の社会でも習った出島、海に突き出てた扇型の小島の絵が印象深かった。
なんと、今、周りはすっかり埋め立てられていた。
軽くショック。

 

 

一度は消えてしまった出島、復元作業が進められており、復元済みの建物含め一般公開されている。

 

 

出島の中の三番蔵、ここに砂糖は運ばれた。

砂糖袋(模型)、お菓子についての説明も少しあった。

 

 

 

出島から34号線の坂を上り、新大工町あたりへ。
商店街の片隅にぽつりと”長崎街道ここに始まる”の石碑。

 

 

少し歩いてみると和菓子屋さんが。
せっかくなので長崎街道沿いのお菓子屋さんのお菓子をなにか食べてみようかと入ってみる。

 

 

万寿庵。
中には何やら芸能人らしき写真が数枚。
さだまさし原作、大沢たかお、石田ゆり子主演の映画『解夏』の撮影で使われたお菓子屋さんらしい。
帰ってからこの映画を見たら、渡辺えり子が女将役でしっかり出ていた。
苺大福と栗饅頭を買う。

ちょこっと歩いただけだけど、こんなことするとますますシュガーロードに対しての親近感と関心が強くなってしまう。
とりあえず主要菓子は一通り食べたいなぁ。

 

 

 

お菓子_長崎
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅