憧れの南蛮菓子、カスドースを求めて平戸へ

お菓子_長崎

 

鎖国をする前、平戸は海外貿易の拠点であったこともあり、卵と砂糖を使った贅沢な南蛮菓子が伝わる。
400年もの間、伝え続けられた菓子がある。
それがカスドースだ。
平戸藩外不出で殿様しか口にすることはできなかった幻の贅沢菓子。
たっぷりの卵黄と砂糖をまとったカステラのフレンチトーストのようなもの。

わたしはポルトガルの卵の黄身をふんだんに使ったお菓子が好きで、あの甘くて濃厚な黄身の風味を求めていた。
だからこの黄金に輝くカスドースには尚更惹きつけられていた。

そしてその伝統の幻菓子を作り続けている店が、室町時代創業の平戸蔦屋である。
150年ほど前、平戸藩松浦家は「百菓之図」というお菓子図鑑を編纂。
「百菓之図」にはカスドースと平戸蔦屋の名が登場するという。

 

雰囲気のある街並み。
その中に平戸蔦屋もあった。

老舗らしい店構え。

 

2個入りのカスドースを買って、イートインスペースで頂く。
接客態度がびっくりするくらい悪くて、めずらしいお菓子だし、味を確認してから何個買うか決めよう、と思っていたのに、誰がこんな店で二度と買うか#という気分になり買わずに帰る。
帰ってから後悔したよ。
お菓子をまずくする激まずコーヒーにも腹がたった。

 

 

伝統菓子にケチをつけるのも無粋だけど、周りに付いている大量のザラメが、食感的にも味的にも余計だった。
グラニュー糖でいいんじゃないかー。

 

 

平戸物産館で、湖月堂老舗のカスドースと卵部分を見つける。
きゃー!たまご!と思って飛びついたけど、砂糖多すぎてちょっと黄身感が物足りなかった。
こっちのカスドースにはザラメはついていなかった。

 

平戸のもう一つの有名店、牛蒡餅本舗 熊屋。

 

ごぼう餅は黒砂糖とうるち米の粉から作った餅に芥子の実をまぶす。
切る前の長いものは牛蒡ににていたためごぼう餅と呼ばれた。
「百菓之図」にも載る平戸藩松浦家に伝わる茶道鎮信流の茶菓子でもあり、また一般の家庭でも慶事や法事の際に「お配り菓子」に使われる郷土菓子である。

むちむちで優しい甘さ。
青島ういろうに似ているからか、懐かしさを感じる。

 

松浦史料博物館で「百菓之図」が公開されることがあるらしいのだが、私が行った時はされていなかったので訪れず。
個人所有なので次の公開予定は今のところたっていないそう。
見てみたいものだ。

 

平戸城

 

お菓子_長崎
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート