2回目のシュガーロード探訪②

お菓子_福岡

長崎・佐賀エリアに比べ、福岡エリアのお菓子屋さんは新しい。

 

飯塚市には気になるお菓子屋さんがいーっぱい。
90年代初め、炭鉱で栄えていた筑豊地方。
炭坑夫たちが手軽にできる疲労回復・エネルギーの源として甘いものを求めたためお菓子業界も栄えた。

「なんばん往来」のさかえ屋。
併設のカフェあった。
ケーキなんかもいっぱいあって、お腹いっぱいじゃなかったらなー。

「なんばん往来」は、アーモンド粉生地にバターたっぷりの焼き菓子。
これ、好きなの。
もうひとつ、今回お初の「すくのかめ」。
創業以来の人気商品。
最中にかわいいお餅が入ってた。

 

次は亀屋延永で「黒ダイヤ・白ダイヤ」。
飯塚市を含む筑豊地方が炭鉱産業で栄えた頃、石炭は「黒ダイヤ」、石灰は「白ダイヤ」と呼ばれていた。
「黒ダイヤ」は黒砂糖と小豆、「白ダイヤ」は白砂糖とインゲン豆の羊羹。

 

福岡エリアではずせない「ひよこ」。
本店行こうか、工場行こうか迷った。
もし、叶うなら、、、焼きたて食べたい。
ひよこ本舗吉野堂穂波工場へ。

 

定休日調べて行ったのに、まさかの定休日。
月曜祝日後の1日遅れの定休日。
ざんねーーんっ!!

今回、シュガーロードはこれで打ち止め。

せっかくなので観光もせねば。

 

お菓子_福岡
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート