別府・駅前高等温泉に泊ってみた

大分

おんせん県の中心、別府で前々から気になっていたのが駅前高等温泉。

別府駅のすぐ近くで大正時代に建てられた洋館風のレトロな建物が可愛らしい温泉。
入浴料は200円。
ぬる湯とあつ湯の2つがある。
あつ湯は、前に入った人の好みでそれほど熱くない時もあるけど、痛いくらい熱い。
これ、このあたりの相場の2倍の金額なんだから、恐るべしおんせん県。
別府サイコー!!
別府駅すぐ近くのロケーションで、温泉入り放題で、1泊2700円で泊れるというのだ。

 

駅前高等温泉

大分県別府市駅前町13-14

1泊2600円+温泉100円
温泉は6〜24時入り放題で、タオルと石けんを貸してくれる。
駐車料金 500円
計 3200円

部屋はカギ、エアコン付き。
浴衣や電気ポット、お茶も付いている。
wi-fiなし。
トイレは男女共同。
共同キッチンあり。
部屋はちょっとタバコ臭かった。
壁がかなり薄い。
この部屋はドアが全面磨りガラスだったのにちょっと抵抗が。

予約時、車で行くこと、駐車料金500円で駐車可能ということを確認しておいたのだけど、チェックインするとき、「建物前は温泉利用社者用で宿泊者はつるみを使ってもらってる」って言われた。
電話で確認済みのむね伝えると、敷地内にとめさせてもらえたけど、敷地内と道路渡った先の有料パーキングじゃ、便利さも金額もかなり違ってくるので、念のため電話で確認しておいた方がよいかも。

 

チェックインしてすぐにぬる湯にGO。
エアコンつけて涼みながら発泡酒飲んでお昼寝。
至福のとき。
日が落ちてきてちょっと涼しくなったので出かけることにする。

駅前の名物、「ピカピカおじさん」。
別府は何度か来てるけど、駅前をゆっくり見ることなんてなかったから、今回始めて見た。
なんともおちゃらけたポーズの像だけど、別府、由布院を一大温泉観光地にしたかなりスゴイ人、油屋熊八氏。
亀の井ホテルを創業したり、日本初の女性バスガイドの案内付き観光バスを始めたり。

 

いいカンジの市場も残ってるし、

いいカンジのアーケード街も残ってる。

やよい商店街のやよい天狗。
裏にまわろうとしたら、

ち、ちび天狗が!!
う、生まれたの?

少し歩いて、別府タワーに。

海や別府の街並み、ラクテンチや湯けむり街を望む。
入場料は200円で、内部もなかなかレトロ可愛い。

夕飯を食べて、宿に戻って、またひとっぷろ。

別府駅の周りには、100円で入れる温泉がいくつもあって、湯巡りをしたいと思うのだけど、今回は、高等温泉三昧で終わってしまった。

 

大分
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅