別府で食べたもの

ご当地パン

別府の楽しみは「温泉」のみならず。
「食」もかなりいけるのだ。

ご当地グルメの別府冷麺、大分郷土料理とり天発祥の店、海に面しているのでモチロン海鮮、他にもチェックしているお店多数。

限られた胃袋のスペースと時間、何食べようか迷う。
今回は、すべて別府駅徒歩圏内で。

 

到着してすぐのお昼ごはん。
すっごく気になっていたお店の海鮮丼。
やっと来れたー!と思っていたら、かなりがっかりだった。

 

気を取り直して、夕ごはんは別府冷麺。
発祥の店の流れを汲むラーメン亭一番。
韓国の冷麺に比べると麺はやわらかくて、スープはがっつり和風。

お腹すいてなかったのに、つるっと完食。
スープがさっぱりあまり主張のないお味なのだけど(最初の印象は素麺の麺つゆっぽい)、なんとも旨味があって、それぞれ味付けのちがう具材とよく合う。
他のメニューも気になるお店。
また行こっと。

 

朝ごはんには友永パンを考えていたのだけど、買いに行くのがめんどうくさくなったので、チェックアウトした後に、お土産として購入。

ここのバターフランスが超お気に入り。
バターたっぷり。
焼きたて食べられたらほんとラッキー。
これをね、志高湖でキャンプした日の朝にね、ホットサンド、はさん焼くだけね、そうやって食べるのがね、もう最高。
豆から挽いて、湧き水で入れたコーヒーと共にね。
味付けパンはしっかり甘みがあるので、マヨネーズやチーズ、ハム等塩気のあるものをサンドして食べるのが好き。
あんぱんも美味。

大正5年創業の店構えも、かなり素敵。

 

 

今回、ひっじょーぉっに残念だったのが、ロールケーキ発祥の店、ニュードラゴンのロールケーキ。
カット分は売り切れてしまっていた。
前回もなんだよな。
今度こそ食べたいなぁ。

 

ご当地パン大分
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅