徳島お菓子紀行②

お菓子_徳島

日乃出本店 ぶどう饅頭

美馬市穴吹町穴吹字岩手24-7
創業1914年(大正3年)

 

 

 

葡萄の饅頭??と思っていたら、武道信仰にちなんだ饅頭でした。
だって、見た目も葡萄っぽいし。
上がノーマル版、下の黄色いのが金時。
餡に練乳を練り込んでいる。
100年の歴史を持つ。

徳島県穴吹は、武道信仰の霊山・剣山の玄関口。
ちょうど紅葉シーズンだったので、剣山に行ってきました。

 

 

 

山のおやつは、日乃出本店で買った阿波ういろう。
いやいやここは、ぶどう饅頭持ってくるべきでした。

 

そして、山を下りて向かったのは、美馬市のうだつの町なみ。

 

 

うだつとは隣家との境界に取り付けられた屋根付きの土造りの防火壁のこと。
設置に多額の費用がかかったため、裕福な家の証に。
「うだつが上がる」ということが富の象徴となったのです。
「うだつが上がる」というのは、ここが由来なのです。

お昼ごはんは、茶里庵でそば米雑炊セット。

そば米雑炊は、この辺や祖谷地方の郷土料理。
そばを麺にして食べるところは多いけど、米として食べるのはめずらしい。

この町には外せないスポットがもう一つ。

オデオン座。
1933(昭和8)年に建てられた劇場。
閉館し、取り壊されることになったけど、山田洋次監督の『虹をつかむ男』のロケ地になったことで、修復され公開されることに。

『男はつらいよ』第49作目の撮影を前に、主演の渥美清が死去。
制作は中止されます。
『虹をつかむ男』は、渥美清を追悼して作られた映画。
主演西田敏行で、『男はつらいよ』シリーズの常連、吉岡秀隆、賠償千恵子、前田吟、笹野高史などが出演。

 

また近くには、世界三大土柱の一つが。
この地形は、アメリカのロッキー山脈、イタリアのチロルと阿波市にしかない貴重なものなんですって。

阿波の土柱。

 

徳島観光は祖谷地方の大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)、かずら橋もおすすめです。

 

 

まだ知らない人は要チェック↓↓↓

「13府県ふっこう周遊割」お知らせサイト (サイト削除)

 

お菓子_徳島
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅