川原自然公園キャンプ場【宮崎】

キャンプ_宮崎

 

川原自然公園キャンプ場

宮崎県児湯郡木城町大字川原476
木城町ホームページ

テント持ち込み料 1張 1000円
衛生管理費        100円

車乗り入れ不可
夜は管理人不在(ピーク時は常駐)
ゴミ持ち帰り
ケータイはsoftbankもdocomoも圏内
石多く、ペグささりにくい
女子トイレ洋式あり
有料シャワーあり
広い公園にはボルダリングや河川プールやカヌーできるところなどある
標高20m

12:00IN/12:00OUT ⇦素敵♡

 

手前が炊事場、奥がトイレとシャワー

サイトは川沿いの雑木林の中。

 

ロケーション、便利です。

 

雪の降らない宮崎南部沿岸部在住の身にはスタッドレスタイヤの購入は大きすぎる負担。
宮崎には凍結頻度の低いソロにもお手頃価格のキャンプ場が多そうで少ない。
というかほとんどない(無料キャンプ場のぞく)。
冬のキャンプ地としてどこか気軽に行きやすい所がほしい。
日向市の石並川キャンプ場なんて、位置的にも周囲の観光資源的にも夏しか営業しないの本当にもったいない。
7、8月の猛暑シーズンのみオープンのキャンプ場が多く、近くのキャンプ場は行ったことないところばかり。
せっかくの温暖な気候が・・・

川原自然公園キャンプ場は、ボルタリングやカヌー設備、遊具、コテージ、グラウンドのある通年営業の大きな公園の中にある。
そして、近くには木城温泉湯らら、そこそこ近くにさいと温泉とめいりんの湯。
めいりんの湯は『温泉博士』によく登場。
また、児湯郡は宮崎平野が誇る食材の宝庫。
野菜も畜産も海鮮もなんでもござれ。
都農にはワイナリーがあり、高鍋には「百年の孤独」や「中々」をつくっている黒木本店が。
西都ではレアアイテムの修道院クッキーも入手可能。
お茶の産地でもあるし、直売所に行けば安くて美味しい野菜の他に郷土菓子も充実。

 

珍スポットとして人気の高鍋大師

 

高鍋の名物は餃子。
町内には餃子の店が数店。
ママンマルシェでは、中でも人気の『たかなべギョーザ』と『餃子の馬渡』が出店。
黒木本店の焼酎も置いてある。
(百年の孤独は相変わらずの予約抽選)

 

川南のゲシュマックのソーセージ、お気に入り。
ランチ営業のレストランもある。

 

直売所通浜近くにある、あさしお丸の天丼。
エビが10本で1300円ほど。
海鮮丼も豪華。

 

他にも、川南の軽トラ市、クリスマスのライトアップ、茶園の営むカフェでお茶スイーツ、高鍋のひまわり畑&キャベツ畑、木城のえほんの郷など、ほっこりスポット、美味しいスポットが数多く。

幹線道路、高速インターからも近く、ちょこちょこ足を運ぶようなお手軽キャンプ場にすごくいいのだけどなぁ。

12月上旬の土曜日、テント数6(私込み)うちソロ4。
ソロキャンプの需要は高い。

 

今回のキャンプスイーツは、川南のパティスリーあのレトロ可愛いクッキー。
ここはケーキもレトロ可愛い。

 

 

このキャンプ場に来るのは2回目。

2017年夏に行った時のこと

7月の熱帯夜キャンプより、12月の極寒キャンプのほうが数倍楽しかった。

夏は低地でキャンプするもんじゃないということを学んだ3回目のキャンプ、懐かしい。

 

キャンプ_宮崎
スポンサーリンク
九州日和 旅キャンノート