【西日本】ラーメン紀行

〇〇紀行

その土地独特の郷土菓子が好きなのだけど、ご当地麺も同じくらい好き。

特に九州のちゃんぽん。

九州ちゃんぽん紀行

旅行にいくと連日ラーメン、ということも多々。

 

 

まずは、地元宮崎。

宮崎県

宮崎のラーメンももちろん豚骨ベース。
麺の細さは中くらいであまり固くない。
とはいえ、博多や熊本みたいにご当地麺という認識はないなぁ。
ラーメンはラーメン、みたいな。

わたくしのお気に入りのお店は里いも。

白っぽいスープにとろりとしたチャーシュー。
濃厚なんだけどさっぱりしたスープが好きです。

 

そして、北上して大分へ。

大分県

ん、大分ではラーメン食べたことないや。
大分も宮崎同様、ご当地ラーメンのイメージはない。
次回の宿題ね。

福岡県 博多ラーメン

福岡でラーメンと言えば、博多ラーメン。
乳白色の豚骨スープにストレートの細麺。
麺の固さを聞かれます。

 

博多一双 博多駅東本店  ラーメン+半熟味玉子

 

さらに北上して、福岡から山口へ。

山口県

山口でもラーメン食べたことないなー。

 

広島県 尾道ラーメン

広島からのエントリーは、尾道ラーメン。
豚の背脂を浮かせた醤油ベースのスープと平打ち麺が特徴らしいですが、結構お店によって違うみたいです。

私が食べたのは、発祥の店朱華園の中華麺。
美味しかった。
背脂の塊、体に悪そう、、、とか思いつつ、すべて食べ干しました。

 

広島県からしまなみ海道を渡って愛媛県へ。

愛媛県

ここでもラーメン、食べてないわ。

 

お次ぎは高知。

高知県 味噌カツラーメン

高知と言えば豚太郎。
看板を見るたび気になっていたチェーン店。

高知のご当地ラーメン、味噌カツラーメン発祥のお店。
せっかくなので本部直営店の介良店へ。

味噌ラーメンに一口豚カツがのったガッツリ系ラーメン。

豚太郎において統一されているのは、みそ、しお、しょうゆラーメンとギョウザの素材と価格のみ。
味もメニューも店に寄って違うらしい。
自由・・・

 

そして、徳島へ。

徳島県 徳島ラーメン

徳島にもありましたご当地ラーメン、徳島ラーメン。
茶系・黄系・白系の3系統があり、私が食べたのは茶系。
濃いめの豚骨醤油スープ、トッピングに豚バラや生卵をのせるのが特徴。

東大(徳島市) 徳島ラーメン

 

香川県

いやぁ、、、うどん食べたすぎて、ラーメンのことみじんも思い浮かばんかった。

 

瀬戸大橋を渡って岡山県へ。

岡山県

ここでもラーメンは食べていない。
笹岡ラーメン、岡山ラーメン、トンカツラーメン、新見ラーメンとご当地ラーメンがあるようなのだが、かきおことかホルモンうどんとか、他の誘惑が強すぎた。

 

 

ここで折り返し、帰りは日本海側を通ります。

鳥取県 牛骨ラーメン

鳥取中西部のご当地ラーメン、牛骨ラーメン。
牛骨スープに中太の縮れた麺。

 

ラーメン幸雅(倉吉市) なつ旨ラーメン
スープ、美味しい♡
透明なスープのラーメンて美しいよね。

 

島根県

松江にはシジミベースのラーメンがあるということですが、行きそびれました。
宿に帰る時に寄りやすかったお店へ。

ラーメン長さん(松江市) 自家製チャーシューメン
そんなにお腹すいてなかったから、トッピングなしと思っていたのだけど、目の前にこんなもの並んでたら頼んじゃうよね。
食べきれませんでした。
年だわー(軽くショック)。

 

 

 

こうして並べてみると、思ったよりラーメンを食べていない県が多いこと。
とはいえ、ラーメン以外のご当地麺も結構食べているので、そちらバージョンも作るかしら。
1回の旅行ですべて食べているわけではないので、写真を引っ張り出してくるのが結構大変だけど。

 

島根や鳥取でラーメンを食べることが出来たのも、「13府県ふっこう周遊割」のおかげ。
すでに予算に達して終了した県もあるけど、香川、徳島など残っている県も。(2018.12.11時点)
これを機会にぜひぜひ美味しいものを食べてきて下さいな。

⇒13府県ふっこう周遊割公式サイト(サイト削除)

 

〇〇紀行
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅