【九州】麺紀行(ラーメン・ちゃんぽん以外)

〇〇紀行

写真見てるだけお腹空いてくる。
各地で食べたご当地麺をば。
以前、「九州ちゃんぽん紀行」で書いたものは今回対象外。

九州ちゃんぽん紀行

 

宮崎県

釜揚げうどん

実は宮崎の名物なんです。
特徴はなんといってもコシのない麺。
このゆるんだ麺と優しいお汁がクセになる美味しさ。

重乃井(宮崎市)

織田薪本店(宮崎市)

 

織田薪本店、戸隠そば本店、重乃井など人気店も数多く。
中でもわたくし好みなのは、釜揚げうどん岩見住吉店(宮崎市)。
めっちゃ麺が柔らかい、ふにゃふにゃ。
この柔らかさは、他県の人には新鮮なはず。
決して、茹ですぎたのではありません。

 

おぐらのちゃんぽん(宮崎市)

チキン南蛮で有名なおぐらですが、実はちゃんぽん、人気メニューなんです。

あれ、写真撮らなかったけなー。
旅行にでると記念にとパシャパシャ撮るけど、身近なところだとすぐに箸をつけてしまう。

 

気を取り直して、

大分県

別府冷麺

昭和25年頃、満州から引き上げてきた人が別府で店を始めたのが始まりという別府冷麺。
別府市内には、冷麺店、ラーメン屋、焼肉店、冷麺を食べられるお店がたくさん。

韓国で食べた冷麺に比べると、麺は柔らかく(韓国固すぎ)、スープは和風。

ラーメン亭一番(別府市)

 

日田焼きそば

昭和30年代生まれの日田市のご当地麺、日田焼きそば。
想夫恋が発祥の店。
鉄板で焼いた麺のカリカリと濃厚なソースが美味。

萬天楼 日田焼きそば

 

 

その土地の名物を使ったメニューを食べるのも楽しいです。

たこちゃんぽん(国東市/松風)

 

すっぽんうどん(宇佐市安心院町/里の駅小の岩の庄)

 

福岡県

焼きうどん発祥の店 だるま堂

発祥については諸説あるそうですが、1945年、小倉のだるま堂にて誕生。

だるま堂(北九州市) 天まど

 

博多はうどん発祥の地。
博多うどん、まだ食べていない。

 

佐賀県

大町の「たろめん」、気になります。
一度は姿を消したものの、復活したらしいです。

 

長崎県

そういえばちゃんぽんばっかりで、皿うどんまだ食べてなかったなー。

五島うどんも気になる。

 

熊本県

太平燕

明治時代、華僑によって伝わった太平燕(タイピーエン)は熊本の名物。
元は中国福建省の郷土料理。
春雨スープに野菜や魚介の具沢山。

 

会楽園(熊本市) 太平燕

 

鹿児島県

 

なんだろ、何があるかな。

 

 

 

きっとまだまだあるよね。

世界は食べたいもので溢れている。

 

〇〇紀行
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅