【中四国】麺紀行(ラーメン以外)

〇〇紀行

飯テロ自爆中・・・

 

山口県

下関の瓦そば

昭和36年、下関市豊浦町発祥、熱した瓦の上に茶そばと具材を載せて、温かい麺つゆで食べる。
蕎麦なんだけど、麺は瓦の上で焼かれてカリカリで、お肉がのっていてなかなか斬新。

元祖瓦そば たかせ本館 瓦そば

 

山口市 バリそば

油で揚げた中華麺に、たっぷりの野菜と、とろみのついた鶏ガラベースのスープ。
第二次世界大戦後に台湾料理を参考に春来軒で作られたのが始まりという。

春来軒 バリそば(小)

量が多いです。
写真は小サイズです。
スープの味付けが控えめで、揚げた麺のうまさをひき立てる。
並、いけたなー。

山口の人はパリパリになった麺、好きね。

 

広島県

呉冷麺

呉のご当地麺も冷麺。
太めの平打ち麺に甘酸っぱいスープが特徴。

呉龍(呉市) 冷麺+わんたん

ワンタン入りにして正解。
辛めのスープに甘いワンタンが合っておもしろい味に。
冷麺より冷やし中華に近いかなー。

 

岡山県

津山市近辺 ホルモン焼うどん

兵庫県佐用町から岡山県美作地方にかけてのご当地麺。
津山市でランチしようと思っていたのだけど、道に迷って遅めについたらほとんどの店がお昼休みタイム。
食べ損ねたぁ、とがっかりしていたところみつけたのが、鏡野町のすぎちゃん。
食べられてよかった。
この時の旅行で楽しみにしていた一品。

すぎちゃん(鏡野町) ホルモンうどん

すごい量多かったけど、美味しかったので残さずぺろりよ。
通りすがりに偶然入った店とは思えない当たり店。
ホルモンとうどんの食感ってほんと合う。

 

ひるぜん焼きそば

真庭市蒜山地方のご当地麺。
濃厚な味噌ベースの甘辛ダレにかしわ、蒜山高原産のキャベツが特徴。

ちょうど蒜山高原行った時、ごはんの時間とタイミングが合わなかったので、自分で宿で作りました。
キャベツは道の駅犬挟(鳥取県倉吉市)で購入。
蒜山近いからセーフ?

 

 

鳥取県

東部にはホルモン焼きそば、鳥取市には素ラーメン(うどん出汁のラーメン)があるらしいが、食べ損ねた。
あー

 

島根県

出雲そば

出雲地方の郷土料理。
割子そばは、三段重ねに自分でトッピング。

ふなつ(松江市)

 

羽根屋(出雲市)

 

 

愛媛県

五色そうめん

五色そうめんは、1635年(寛永12年)より愛されてきた松山の郷土料理。

松山に行ったらぜひ行こうと思っていたのが、創業380年の老舗、郷土料理 五志喜。
メニューには、鯛めし・鯛そうめん・じゃこかつ・みかん寿司……迷う。
松山名物「五色そうめん」の元祖。

お目当てはみかん寿司。
みかん寿司のついていた五色そうめんセットをチョイス。

五志喜(松山市) 五色そうめん

 

鯛そうめん

鯛そうめんは、瀬戸内海や豊後水道沿岸地域の郷土料理。

山代屋旅館の晩ごはん(愛南町)

鯛のあら煮、ウマーーーっ!

 

高知県

名物の鍋焼きラーメン、出発前の食べたいものリストにしっかり入れておいたのだけど、高知もまた誘惑が多すぎる。

 

徳島県

鳴門市の郷土料理、鳴ちゅるうどんも気になったのですが、タイミング合わず。

代わりにいつも麺で食べるものを米として。

 

祖谷地方の郷土料理、そば米雑炊。
美馬市茶里庵にて。

 

香川県

 

 

説明はいらんやろ。
なんでどいつもこいつもうまいんや。

 

 

 

 

〇〇紀行
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅