御鉾ケ浦公園はキャンプ場?【宮崎】

【宮崎】キャンプ

宮崎の観光地といえば、青島・日南海岸と高千穂。
実は、この中間にある日向市もなかなかのおすすめスポットである。

素晴らしい景色の馬ヶ背、クルスの海。
太平洋をバックに広々として気持ちのよい風の吹く大御神社。
天に登る白龍が見える鵜戸神社。
神武東征出発の地、美々津。
独特の郷土料理や郷土菓子。
そして、ビーチ。

 

【宮崎の郷土料理】ごんぐり・こなます
宮崎には“ごんぐり”という郷土料理ある。 というのを数ヶ月前に知った。 ごんぐりとは、マグロの胃袋である。 魚の内蔵、食べたことない。 内蔵系も海鮮系も好きなので、とっても気になる。 食べに行ってみた。 ...
神話の残る港町、美々津(宮崎)
美々津。 ここの地名好き。 きれい。 みみつ。 宮崎県日向市にある小さな港町。 神武天皇の東征出発の地と言われる。 江戸、明治時代の白壁土蔵の町並みが残り、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。 駐車...
【宮崎の郷土菓子】お船出だんご・つきいれ餅
宮崎県日向市美々津は、神武東征の際のお船出の地と言われている。 神武天皇は初代天皇とされ、浦島太郎と乙姫、ではなく、山幸彦と豊玉姫の孫。 45歳の時に日向の国から天下統一を目指し東へ向かう。 そのお船出の地と言われているのだけど、古事...

 

この辺にお手軽なキャンプ場があればいいのに、と常々思っていた。

見つけた。

御鉾ケ浦(みほこがうら)公園キャンプ場。

行った人のブログなどを見ていると、オーシャンビューなうえ無料。
なんでこの立地でこの景色で無料のキャンプ場に今まで気づかなかったのだろう、と自分の情報収集能力の低さに唖然とした。

さっそく予約を入れる。
日向市のホームページを見ると御鉾ケ浦公園キャンプ場の記載はない。
googleマップにはあるし、実際キャンプしたという人も結構いるみたいだけど・・・とちょっといやな予感。

キャンプOKだけど、キャンプ場ではなく公園なので所定の場所(BBQ台と炊事場)以外は火気厳禁です、と。
テントの近くで焚き火も調理も出来ないのはこの時期つらいなーと思い、予約を入れるのはやめることにした。

とはいえ、気になる。

すごく気になる。

ので見に行った。
キャンプ道具を積んで。
よさげだったらキャンプしたい。

 

御鉾ケ浦(みほこがうら)公園

いーじゃん、いーじゃん、なにこの景色!!

山の斜面に芝生の平地がいくつか。
キャンプファイヤー跡もある。


完全にキャンプ場。

と、いうことは、以前キャンプ場だったのをやめて、公園に変更したのだろう。
だから、今までここの存在がひっかからなかったんだ。

電話でははっきり「キャンプ場ではありません。公園です。」と言われたし、近くのオートキャンプ場を勧められた。
キャンプ場ではなく公園にしたことには、何かしらの理由があるにちがいない。
そう思うと、ここでキャンプをするのはとてもわがままなような気がしてきた。

しばし考える。
だって、このロケーション。
海から日がのぼるのよ。
朝、最高の景色が拝めそう。
ここで飲むコーヒーは絶対おいしい。

 

なんで、キャンプ場じゃないよのー。

焚き火なしでは夜の寒さがとても厳しくて、きっと時間を持て余すに違いない、と自分に言い聞かせる。

惜しいなぁ。。。

 

せっかくキャンプの用意してきたから、30kmほど山の中に入ったところにある板ヶ原オートキャンプ場に行こうかなぁ、とも思ったけど、遅い昼ごはんをお腹いっぱい食べたら面倒くさくなってきた。
寒いし。

 

結局、キャンプせずに帰りました。

 

しかし、惜しいなぁ・・・

 

 

 

 

youtubeにキャンプ動画をあげています。
こちらもよろしく!

九州日和
宮崎県在住。 近辺でキャンプしたり、車中泊でちょっと遠出したり。 主にキャンプや旅行のこと。 キャンプを始めたのは2017年5月。 旅行が好きで、ホテルより安い宿泊手段としてキャンプ導入。 もともとファミキャン、グルキャンをしていたわけでもなく、子供の頃親に連れて行ってもらっていたわけでもなく、突発的に始動。 ギ...