無料にして贅沢絶景!神川キャンプ場【鹿児島】

キャンプ_鹿児島

1月中旬、鹿児島県は大隅半島の神川キャンプ場に行ってきました。

ここは、開聞岳と桜島が一望できるうえ、無料という素敵キャンプ場。
ということで、以前から気になっていました。

 

左側にうっすら開聞岳。

 

神川キャンプ場

鹿児島県肝属郡錦江町神川3306-11

7・8月のみ有料
車乗り入れ不可(管理棟裏に一輪車あり)
ゴミ捨て不可
wifiあり
道の駅、コンビニ近く
砂地に芝?ペグが手でさせるくらいやわらかい。
女子トイレ 水洗和式
水シャワーあり

 

 

 

炊事場には水道とかまど、真ん中に作業台がありスッキリ。
だけど、この日、占領してる人が。
炊事場の右側にテント、左側に焚き火スペース、炊事場の台に荷物広げて、どう見てもただ荷物起きっぱなしレベルではありません。
こういうことする人、絶対ヤバイ、オカシイ人、と思い泊るのを躊躇。
せっかくここまで来たし、一度泊らないといつまでも気になるし。
他にソロテントが二張あるから大丈夫かなぁ、と迷いつつ、先にスーパーに買い物に。

15:30頃キャンプ場に戻ってテント設営。
風がすごく強い。
管理棟周りの風をしのげそうな所には先客が。
電灯が多いのも気になります。
寒くなってからは、コットを使いたいので2〜3人用のテントを使っているけど、本当に強風で、設営大変そうだったので久しぶりにソロ用。

夜には風が弱まることを期待していたのだけれど、結局強いまま。
焚き火もできませんでした。
七輪で暖をとろうとしたけど、暖かいのは手先だけ。
気温は低くないのに、風のせいで寒かった。
そうそうに切り上げて20時にはテントの中に。
電灯は電気がついていたのは半分くらいで、心配したほど明るくはなかったのでよかった。
道路のそばなので、車が通る時のライトが気になりました。
音もうるさいのかもしれないけど、この日はそれ以上に風の音がすごかったです。

 

夜にはヤシの木がライトアップ。

夜中も風強い。
ウトウトしてると、急に突風が吹きつけてテントが音をたてて揺れる。
びくっとして起きる、の繰り返し。
外に出たら、星がすっごくキレイでした。

朝になっても風は強いまま。

風が強い時に火を使うときは、炊事場でやるのだけど、変なオジサンが占領しているので恐くて近づけませんでした。
食器を洗ったり、歯を磨くときもなるべく目をあわさないようにコソコソと。
結構ちゃんとしたキャンプギアをそろえているようだったので、浮浪者が住み着いているわけではないみたいだけど、管理人なしの無料キャンプ場ってこういうのよくあるのかな。

 

前日七輪で焼いておいた紅あずま。(道の駅おおすみ弥五郎伝説の里で購入)
さすが薩摩のさつまいも、めっちゃくちゃ甘かったです。

 

今回のキャンプスイーツはかるかん饅頭。
かるかんは、自然薯をつかった鹿児島の郷土菓子。
棹菓子だけど、あんこの入った饅頭もよくあります。
開聞岳、桜島を眺めながらのかるかん饅頭で鹿児島を堪能。
(お向かいの道の駅錦江にしきの里で購入)

 

右側には桜島。(テントの中より)

ビーチでは、神川ビーチ影絵の祭典をやっていて、一緒に写真を撮ると楽しい影絵がいっぱい並んでいます。

 

 

朝風呂に入ろうとトロピカルガーデンかみかわに行ってみたけど、12時オープンでまだ開いていませんでした。
温泉じゃないけど、高台にある露天風呂、とても気になります。

 

キャンプ_鹿児島
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅