『男はつらいよ』ロケ地 グルメ編【宮崎】

お菓子_宮崎

 

『男はつらいよ』ロケ地近辺には、美味しいものやここでしか食べられない郷土料理もあって、食べ歩きも楽しいです。
おすすめグルメスポットをいくつかご紹介。

 

まずはランチに。

日南一本釣りカツオ炙り重

日南市はカツオ一本釣りの水揚げ量が日本一です。
そこで、2010年に誕生したご当地グルメが、「日南一本釣りカツオ炙り重」。

2種類の漬けカツオを七輪で炙って食べます。

提供するお店は複数あります。
写真は、港の駅めいつ。
南郷漁協直営店だけあって、新鮮お魚が充実してます。

 

かつおめし

日南市南郷の郷土料理。
いかにも漁師料理なごはん。
かつお船の中でとれたてのかつおのさしみを食した後、残ったさしみをご飯の中にいれ、熱い茶をそそいでかき込んだのがはじまりだそう。

 

鈴之屋旅館の鈴之屋定食。
道の駅めいつの向かいにあります。

 

串間活〆ぶりプリ丼ぶり

お次ぎは、串間市のご当地グルメ。
串間で穫れた新鮮な活〆ぶりと旬の野菜を使った丼ぶり。

大乃屋。
脂ののったぷりっぷりのブリがとろけるようなうまさ。
ご飯の中にも嬉しいサプライズが。

 

写真の3店、どちらも超おすすめです。

 

魚うどん

日南の郷土料理。
戦時中、米や小麦粉が不足していた時、トビウオのすり身と片栗粉で工夫して作ったうどん。

 

 

 

また、青島には可愛らしい郷土菓子と郷土玩具があります。

青島ういろう

ういろうといえば山口や名古屋が有名ですが、青島にも名物ういろうが。
明治10年頃、鈴木サトさんが作っていた「おサト羊かん」を、旅の途中の薬屋が薬の外郎の味ににているというので「ういろう」と名付けたらしい。
うるち米と砂糖をまぜてこねて蒸したシンプルなお菓子。
以前はたくさんあったういろう屋さんも今では数軒。

パッケージがめちゃめちゃ可愛い。

ねっとりとやわらかく、甘さ控えめの優しいお味。
白と黒(黒砂糖)が5切れづつ入って400円というお値段も優しい。
賞味期限当日なので、県外不出のお菓子なのです。

 

青島の神びな

 

青島神社の社務所で授与しています。
縁結び、安産祈願、病気平癒など願をかけてお供えするとご利益があるらしく、購入する時、巫女さんが鈴をしゃんしゃん鳴らしてくれるのでなんか本当にご利益ありそう。

 

青島の貝細工

 

 

もちろん青島で穫れた貝殻。
以前は古くさい感じがして全く興味がなかったけど、今見ると昭和な感じがしてたまらなくレトロ可愛い。

 

 

飫肥に行くなら絶対食べて欲しいのがこれ。

松家のおきよせんべい

宮崎県日南市飫肥2-6-50

日南市飫肥町に生まれて120年。
常に予約でいっぱいで店舗売りをしていません。
2週間待ちの時もあれば、4日待ちの時も。
材料はもち米と砂糖、薄いサクサクのもち米のせんべいを2枚、砂糖の蜜で張り合わせています。
シンプルに丁寧に作っているから、口に広がるお米の旨みがたまりません。
特に焼いたその日の、サクサクさと米の広がり、下の上ですっと溶けていきます。

 

この辺りには飫肥せんべいという似たようなおせんべいを作っているお店が数軒あるので、飫肥せんべいは飫肥の郷土菓子という位置づけでいいのかな。

 

厚焼きたまご

こちらは飫肥の郷土料理。

殿様にも献上したという歴史ある厚焼きたまご。
見た目はプリンのよう。
だけど食べると卵焼き。
卵焼きにしては甘い。

あー、スイーツなの?おかずなの?
口の中が戸惑います。
好き嫌いが分かれそうだけど、一度食べてみて♪

飫肥の城下町に数店お店があります。

さすが城下町にうまいもんあり、です。

 

 

最後に絶品ソフトクリーム。

道の駅なんごうのマンゴーソフトクリーム

海岸線ドライブにソフトクリームはかかせまん。

 

道の駅なんごうは、「トリップアドバイザー」の「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング2017」で1位を取得しています。
2016年、2018年は30位以内に入っていないのでランキング自体の精度がいまいちわかりませんが。

だけど、ここのテラスで絶景を眺めつつ食べる濃厚なマンゴーソフトクリームは絶品です。
海の青に最高に映えます。

 

 

それでは楽しい寅さんロケ地巡りを!

 

お菓子_宮崎宮崎
スポンサーリンク
九州日和 女ひとり旅