食べる旅⑬【高知】

食べる旅_2018中四国

 

高知といえばカツオのたたき。
私はポン酢が苦手なので塩派。

高知市、土曜日の夕方、ひろめ市場に行ったらたくさんの人で、ぐるぐる回っても席が見つからない。
タバコの煙に気持ち悪くなったので、すぐ近くの明神丸 帯屋町店へ。

 

高知の郷土料理 カツオのたたき

まずは、生ビールとカツオのたたき。
いわずもがな、安定のおいしさ。

うっまーーーーぁ♡♡♡

そして、気になった藁燻カマンベールと酒盗。

高知の郷土料理 酒盗


かつおの内臓の塩辛。
高知のお殿様がこれを肴にすると酒がすすんで酒を盗んでまで飲みたくなる、と言ったことから酒盗と言われるようになったとか。
高知の名産物。

初酒盗、めちゃめちゃうまい!
カマンベールチーズとよく合う。
そして、本当に日本酒飲みたくなる。
通常自分から日本酒を頼むことはまれなのだけど、この日はおかわりまでしてしまった。
もちろん酒盗もおかわり。

高知ではうつぼも人気というので、から揚げを注文したかったのだけど、すでに品切れ。
かわりにクジラの竜田揚げを。

高知名物 クジラ

久しぶりのクジラ。
たまに給食に出てたよなー。

高知は、日本有数の鯨の生息地。

他にも気になるメニューがいくつかあったのだけど、次回のお楽しみにとっておくことに。

ほろ酔いで気持ちよくはりまや橋までお散歩。

初めて見たときは、え、これ?と思ったけど、これは1998年に復元された新しい橋。

 

 

翌日、日曜日の夜、ひろめ市場再チャレンジ。
人は多けれども、土曜日ほどではないので無事夕飯にありつけた。

 

リベンジひろめ市場、ウツボのから揚げもリベンジ。

高知名物 ウツボ

うまい、うまい、うつぼうまい。
見かけによらずうまい。
やわらかい。
味のついたサクサクの衣といいカンジ。

そして、カツオのはらんぼ(ハラス)。
もちろん、塩。

はらんぼはカツオの腹部分、めちゃめちゃ脂がのっている。

そして、そして、覚えたての酒盗と日本酒。
サイコーです。
高知、しみじみとサイコーです。