食べる旅⑮【高知】

高知

少し早めにチェックアウト。
高知では是非とも喫茶店でモーニングを食べたかった。
高知のモーニングにはパンのセットにみそ汁がつくのだ、と、なにかことあるごとにうちの母が言うのだ。
ぜひともそれを確かめたい。

 

 

ひろめ市場に行くとき、なんともメルヘンチックな風貌が気になって、気になってしょうがなかったメフィストフェレスへ。
店の前に並んだ自転車が、地元の人たちに愛されている証。
お店の中も広くゆったり、アンティーク調の雰囲気で大きな窓もあり、居心地よかった。
そして、分煙されてたのがポイント高し。
喫茶店の雰囲気好きだから入りたいのだけど、タバコの匂いにオェーッてなるから、いったん入ってやっぱスイマセンて出たことが何度かあり、最近はほとんど足を向けなくなっていた。。

 

 

残念ながら、みそ汁は付いてなかった。
だけど、コーヒーもパンも美味しく、心地のいい時間だった。

 

 

高知にはもうひとつ絶対に外せなかったものがある。

高知のご当地パン 発祥の店リンベルのぼうしパン

ご当地パンである、ぼうしパンの発祥店「リンベル」。
つばの部分のカステラ生地を固めに焼いたようなとこが好き。

朝だけあって、焼きたて。
帽子のつばはいつもにましてサクサク。
生地はふんわり。

 

しっかり腹ごしらえをした後は桂浜へ。

 

 

次に向かったのが、もち蔵家のわらび餅。
売り切れ必至の人気のわらび餅屋さんらしいということで楽しみに。

 

 

10時オープンで12時頃行ったらもう完売。
1時間で完売したそう。
開店前から並ぶ人もいるらしい。
ないとなるとますます食べたい。

 

 

 

そうこうしているうちに、昼ごはんタイム。

高知、愛媛でよく目にして気になっていたチェーン店、豚太郎。
せっかくなので本部直営店の介良店へ。

高知のご当地ラーメン 豚太郎の味噌カツラーメン

 

 

もちろんオーダーは、味噌カツラーメン。
味噌カツラーメンは高知のご当地ラーメン。
その名の通り、味噌ラーメンにとんかつがのっている。
その発祥店がここ豚太郎。

 

 

高知市、2泊したけど、食べたいものリストを消化しきれず。
無念・・・

本当に美味しいものが多い。

後ろ髪をひかれながら、香美市のやなせたかし記念館へ向かう。