岡山の郷土菓子と倉敷【岡山】

食べる旅_2018中四国

(岡山旅行で撮った写真のスライドショーです)

 

2018年10月、初めての岡山旅行です。
ずっと倉敷に行ってみたかったので、とても楽しみにしていました。

まずは、矢掛町にゆべしを買いに行きます。
矢掛には篤姫も食べたという伝統的なゆべしがあります。

佐藤玉雲堂 ゆべし(矢掛町)


天保元年(1831年)創業、190年の老舗、佐藤玉雲堂です。

他のお菓子も非常に魅力的だったので、ゆべし、吉備の雪、小夜千鳥、花柚子を購入。
すべて、柚子を使ったお菓子です。

 

お店の周りは、古い建物があって素敵だな、と思ったら、江戸時代の建物が残る宿場町でした。
間口がせまく奥行きの長い、うなぎの寝床が見て取れます。

 

 

次に、高梁(たかはし)市にもゆべしを買いに行きます。
私は、特にゆべしは好きではないのですが、気になるのだから仕方ありません。

創業130年遠州堂ゆべし本舗へ行きました。
閉店のお知らせにショックを受けます。

天任堂 ゆべし(高梁市)

気を取り直して、天任堂へ。
こちらも江戸時代から続く老舗です。
が、残念ながら、定休日でした。
しょうがないので、物産館で天任堂の切りゆべしを買いました。
本当は結びゆべしが欲しかったのですが、24個入りだったのであきらめました。
高梁のゆべしは、求肥餅っぽいです。

全国にゆべしとよばれるお菓子がありますが、地域によって違うのがおもしろいです。

 

吹屋

高梁市まで来たので、吹屋に足を伸ばします。
赤いベンガラに染まった趣ある町並があります。
こんな渋い町並を見たのは初めてです。

 

 

 

そして、翌日、いよいよ倉敷美観地区です。

倉敷美観地区


雑誌やテレビで見たそのままの風景にテンションが上がります。
思っていた以上に広くて、お店を見て回るのも、小道に入ってみるのも、女子旅っぽいものを食べてみるのも楽しかったです。

もちろんお菓子も買いました。

橘香堂 むらすずめ(倉敷市)

明治10年(1877年)、140年以上前に生まれたお菓子です。

 

五味太郎のパッケージが可愛いきびだんごの廣栄堂もありました。
こちらも、創業160年以上の老舗です。
看板に廣栄堂本店とあるから、本店だと思い喜びいさんで駆け込みましたが、本店は岡山市にあるそうです。
本店巡りが趣味の人間もいるので、こういった紛らわしい店名はやめて欲しいです。

 

とはいえ、念願だった、大原美術館のエル・グレコ『受胎告知』も見ることが出来、大変満足です。

夜は三井アウトレットパーク 倉敷に行って、スニーカーを買いました。