食べる旅21【岡山】

食べる旅_2018中四国


ホテルの朝ごはんブッフェ、いつも食べ過ぎてしまいます。

倉敷では、ベッセルホテルに泊りました。
ベッセル系列は、駐車場無料、充実朝ごはん込み、部屋広め、洗面台がバスルーム外付けで、お気に入りのビジネスホテルです。

 

岡山に行ったら絶対食べようと思っていた、カキオコを食べに、備前市へ行きました。
カキオコは、カキのお好み焼きです。
ぷりぷりのカキが6個も入ってました。

 

 

せっかく備前に来たので、備前焼の窯巡りをしました。

可愛らしい神社がありました。
いたるところに備前焼の置物があって、なんと備前焼のレッドカーペット。
贅沢です。

自分へのお土産に小さなお皿を買いました。

 

 

ご当地パンを食べるのも旅先の楽しみのひとつです。

キムラヤのバナナクリームロールとたくあんサラダロールを食べました。

 

 

今日も歴史あるお菓子を買いに行きます。
180年以上愛され続ける大手まんじゅう伊部屋です。
ほかほか暖かかったので、1つ車の中で頂きました。
横を見ると、隣の車の人たちも食べていました。

 

 

そして、吉備津神社へ向かいます。
きびつざるという土人形が欲しかったのですが、売切れていました。

 

 

北庄と大垪和西の棚田へ行きました。
本当は、上籾の棚田にも行きたかったのですが、結構探しても見つけられませんでした。
おかげで、お昼ごはんは津山市でホルモンうどんを食べようと思っていたのですが、到着がおくれ、どこも昼休みに入ってました。

 

岡山でもうひとつ食べたかったのが、初雪というかきもちです。
このかきもちは、自分で焼いて食べるのですが、焼いたものも売っています。
が、ぜひ、自分で焼いて下さい。
サックサクで、お米が香ばしくて、めちゃめちゃ美味しいです。
あられもおいしかったです。
このお店はお米からこだわって作っています。

 

 

津山で食べ損ねたホルモン焼きを、鏡野町のすぎちゃんで食べることが出来ました。
とても量が多かったのですが、美味しかったのでぺろりと完食してしまいました。