世界遺産 石見銀山と温泉津温泉【島根】

食べる旅_2018中四国

 


(島根旅行の際に撮った写真のスライドショーです)

 

世界遺産 石見銀山(島根県大田市)

島根県には、世界遺産があります。
石見銀山です。

2007年に世界遺産に登録された石見銀山、登録のポイントは、環境に配慮し、自然と共生した鉱山運営を行っていたことです。
ただ見てもそれはわからないので、ツアーに参加して説明を聞きながら見るのがオススメです。
わたしは、龍源寺間歩ワンコインツアーに参加しました。

 

もうひとつの見所は、江戸時代の武家屋敷や銀山で栄えた豪商の住宅などが並ぶ大森地区です。

 

石見銀山の郷土菓子 げたのは

石見銀山には、「げたのは」というお菓子があります。

坑夫たちのおやつだったようです。
小麦粉と卵、黒糖、砂糖から作られ、サクサクしてます。
サクサクに軽い衝撃を受けたのは、鹿児島の「げたんは」と同じようなお菓子かな、と思っていたからです。
鹿児島のげたんはは、しっとりめで、黒糖もたっぷりです。
創業200有余年、有馬光栄堂で作られています。

 

温泉津温泉(島根県大田市)

石見銀山を出て、温泉津温泉に温泉に入りに行きます。
地名に”湯”がつく温泉地はいくつかありますが、”温泉”がつくのは珍しいのではないでしょうか。
温泉津(ゆのつ)と読みます。
1300年前にタヌキが見つけた温泉です。
鹿とか猿はあるけど、タヌキて。
なんかかわいくないですか?

期待通り、レトロな町並が素敵な温泉街でした。
薬師湯に入りましたが、建物も湯船もこれまた素敵。
鉄の香りに、しょっぱいお湯も最高に素敵でとても満足しました。

もっとゆっくりしたかったです。

 

石見畳ヶ浦(島根県浜田市)

時間つぶしに石見畳ヶ浦に寄ったのですが、これがすばらしかった。

奇岩風景って、ダイナミックで不思議で、こんなとこ日本にあったんだ!という衝撃があって好きです。