【福岡】太宰府のお菓子

ご当地お菓子・パン


太宰府天満宮参道には、あっちにもこっちにも「梅が枝餅」屋さんがあります。
となればやってみたい食べ比べ。

しかし、しかし、太宰府、梅が枝餅だけではありません。
他では見かけないお菓子を頂くのも大きな楽しみの一つでした。

梅が枝餅

菅原道真が太宰府に左遷された時好物だったお餅に、道真死後、梅を添えてお墓に供えたのが始まりだといわれている「梅が枝餅」。

お目当てのお店が営業前で食べられなかったのですが、3個の梅が枝餅を食べました。
お店によって特徴があって楽しい。
そして、何より、今まで食べたことあったお土産の梅が枝餅と違い、どこも焼きたてアツアツだったのが嬉しかったです。

 

松屋 梅が枝餅

もっちり。

 

かさの家

団子気味の生地、お米の香りがふわぁ。

 

笠の家

甘めのあんこ。

 

梅園菓子処 うその餅と宝満山

昭和23年創業の和菓子屋さん。
欲しかったのがコレ。

チビうそ。
「うその餅」は、青じそ風味の求肥にチビうそが入ってる。

 

「宝満山」は、卵凝縮のちょっと形容しがたいお菓子。
卵の黄身菓子好き。
干したやつも気になる。