【佐賀】佐賀市のご当地のお菓子

ご当地お菓子・パン

佐賀市もシュガーロードにあります。

ここでお菓子屋巡りといえば、丸ぼうろ巡りと言い換えても過言ではないかと思います。
丸ぼうろは17世紀にポルトガルから伝わった南蛮菓子の1つ。
起源は2つ、北島説と鶴屋説があります。

 

北島

1696年(元禄9年)創業。

明治の始めに生まれた丸芳露

玄ぼうろ
黒糖の糖蜜でコーティング、生姜がきいていてクセになる味

北島 白山本店(佐賀県佐賀市白山2ー2−5)

 

鶴屋

1639年(寛永16年)創業

丸ぼうろ・かすていら・肥前ケシアド

「肥前ケシアド」は、ポルトガルの「ケイジャーダ」というチーズ菓子が起源です。
当時(江戸時代)入手困難だったチーズの代わりにかぼちゃ餡を使用していました。
それを現代風にアレンジじて、チーズを練り込んだものが「肥前ケシアド」です。

鶴屋 佐賀本店(佐賀県佐賀市西魚町1)

朝、オープンしてすぐに行ったら、試食で出された丸ぼうろ、焼きたてアツアツでめちゃくちゃ美味しかった。

 

村岡屋

1928年(昭和3年)創業

佐賀のお菓子を語るときにはずせない「さが錦」。
昭和46年より発売。
豆や栗を混ぜ込んだ浮島という蒸し菓子をバームクーヘンでサンド、チョコレートで張り合わせています。
バランスがよく、盛りだくさんなのにケンカしない、和洋折衷がすばらしい。

もちろんここでも「丸ぼうろ」を購入したけど、写真撮り忘れてしまいました。

村岡屋 本店(佐賀県佐賀市駅南本町3−18)

 

非常に興味深いのが、大分県中津市にも丸ぼうろ発祥説があり、丸ぼうろを売っているお店がたくさんあります。

 

徳永飴総本舗 徳永飴

慶長年間(350年以上前)創業

砂糖、添加物は使わず、麦芽と水でできた水飴で作られた徳永飴。
砂糖を使っていない優しい甘さの虜になってしまいました。
砂糖使っていないのがうそみたいに甘い。
優しい甘さ。
寒いときは固く、暖かいと柔らかくなる。
柔らかい飴は空気が含まれているのか、ほんとネチネチするけどふわんと柔らかい。
固いときは噛むと銀歯とれそうで慎重に舐めるけど、柔らかいとむしゃむしゃ食べてしまう。
あっという間に食べてしまったので、次は買いだめしておかねば。

徳永飴総本舗(佐賀県佐賀市金立町1865−1)