【福岡】ご当地お菓子

ご当地お菓子・パン

 

【福岡】炭鉱で栄えた町 飯塚
塚市には気になるお菓子屋さんがいーっぱいあります。 90年代初め、炭鉱で栄えていた筑豊地方。 炭坑夫たちが手軽にできる疲労回復・エネルギーの源として甘いものを求めたためお菓子業界も栄えました。 千鳥本家 千鳥饅頭・チロリアン ...

 

【福岡】シュガーロードのお菓子
長崎から小倉までの228km、長崎街道を通って海外から出島に入った砂糖は京や江戸へと運ばれて行きました。 その街道沿いは、砂糖やお菓子作りのノウハウが流通しやすく、菓子文化が発達していきます。 そのため長崎街道は砂糖の道「シュガ...

 

【福岡】太宰府のお菓子
太宰府天満宮参道には、あっちにもこっちにも「梅が枝餅」屋さんがあります。 となればやってみたい食べ比べ。 しかし、しかし、太宰府、梅が枝餅だけではありません。 他では見かけないお菓子を頂くのも大きな楽しみの一つでした。 梅が...

 

くろがね羊羹・堅パン

時は大正、八幡製鉄所の従業員の栄養補助のためにつくられた羊羹と堅パン。
「くろがね」は鉄を意味します。

これ、どっちも好きなの。羊羹は甘いのだけど、くどくなくてお茶なしでスティックのままいけます。
堅パンもめっちゃ固いけど、ガジガジかじる。
牛乳にひたしても美味しい。
保存できるように水分を少なくして固くしているのです。

北九州近辺だけでなく、九州内のスーパーマーケットでも手に入るのがうれしい。

 

山田饅頭本舗(嘉麻市) 山田まんじゅう

カステラ饅頭の一種、丸ボーロの生地に白餡。
焼きたては生地の香ばしさと餡の甘さのハーモニーがたまりません。
焼きたて最高。
翌日になるとよりしっとり。

形はボタ山、石炭などの採掘に伴い発生する捨石(ボタ)の集積場をイメージ。
戦前、福岡県筑豊地方は国内最大の炭鉱地帯だった。
この地域は炭鉱で栄えていた時に鉱員たちの腹を満たしていたもの、炭鉱をイメージしたもの、炭鉱の発展を背景に菓子業界も栄えていたことがうかがえ、非常におもしろい。

100年以上続く老舗饅頭店。
店に入るなり饅頭のあまぁ〜い香り。

山田饅頭本舗
福岡県嘉麻市上山田1405-1