えびの高原キャンプ村(宮崎)

スポンサーリンク
宮崎のキャンプ場

標高1,200m、霧島錦江湾国立公園内にあり、池巡りハイキングや韓国岳登山の入り口にも。

2019年6月利用(料金は2020年12月時点)
最新の情報は施設にお問い合わせください。

スポンサーリンク

基本情報

宮崎県えびの市末永1470

⇒ えびの高原キャンプ村

標高1200m

営業期間:4/1~10/31、12/20~翌年1/10

入村料:310円
フリーサイト:
小型(1人用)の持込みテント 840円
中型(2人用以上)の持込みテント 1150円
薪(杉) 250円

車乗り入れ不可(台車あり)
ゴミ捨て可
docomo〇/softbank〇
MIYAZAKI FREE Wi-Fi

温泉がありますが、人が多い時は利用でるようようです。

夏の涼しさも魅力だけど、登山や池めぐりの起点にとにかく便利。
近くにある白鳥温泉下の湯・上の湯で疲れを癒せるのも嬉しい。

キャンプ場の様子

管理棟

管理棟横のサイト
小石多め

上のほうに松林の中のサイトあり。
坂が急なので荷物が多いと大変。
台座はあったりなかったり。
かまど付きのところもある。
トイレ・炊事場あり。

えびの高原はトレッキング天国

山歩き好きな人は要チェック!

⇒ トレッキングinえびの

韓国岳のミヤマキリシマ

韓国岳は、標高1,700 mの霧島錦江湾国立公園の最高峰。
5月下旬から6月中旬には、九州の高地に自生するミヤマキリシマが咲き誇る。

えびの高原池めぐり

2017年11月

大浪池

写真は、2017年11月。
噴火後火山灰がめっちゃ降った年で、池の色がいつも違います。
紅葉も年によって差がある。
天気によってもいろんな表情。

池を一周して帰るときは、晴れて池の色も変わる。

You Tube 動画

えびの高原キャンプ村(宮崎)