どっちがいい?コールマン ツーリングドームST vs LX 徹底比較

スポンサーリンク
キャンプ道具
binary comment

コールマン ツーリンドームSTとLX、両方持っているので比較してみました。

「ツーリングドームいいらしいけど、STとLXどっちにしよう」と、迷っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

購入の経緯

初めてのテントでバンドック ツーリングテント(BDK-17)を持っていました。
コットが入る大き目のテントが欲しいなぁ、と思いツーリングドームLXを購入。
この時、tent-Mark DESIGNSのパンダとツーリングドームLXで迷っていて、パンダに傾きかけていたのですが、アマゾンでLXが13,816円に値下がりしているのを見つけ即購入。

実際にツーリングドームLXを使ってみて、使い勝手がよく気に入りました。
特に広い前室。
重量5.6㎏で重くて大きいので、持ち運びにもっとコンパクトなものがほしくなり、結局STも購入。

色は、STがオリーブ&サンド(スポーツオーソリティ限定色)、LXがグリーン&ブラックです。

サイズ

収納サイズ

ST 約直径23×54cm 約4.4kg
LX 約直径24×60cm 約5.6kg

上(黒)がLX、下(オリーブ)がST。
移動はいつも車なので、正直それほど大きさは気にならない。
(つまり…STがもっとコンパクトだったらなぁ)

インナー

幅は同じ、高さの差10cm。
大きな差は、奥行き。+60cm。

LXは一人だとコットと荷物を入れても余裕がある。
STは、私のコット(L190×W77×H19)だと入らない。

ツーリングドームLX

前室・後室

意外にもあまり差がなかった前室の広さ。
これが、STも買おうと思った決めて。

後室の奥行差は15cm。
この差は結構大きく感じる。
STだと靴を置くくらいだけど、LXは寝る時に荷物を置いたりできるし、前室の入り口を跳ね上げてタープ仕様できるので、タープを使わないことが多く、日陰を求めてクーラーボックスを置くときの選択肢にもなる。

後室のポールは、LXにはあるけどSTにはない

設営は、雨風がない時は、STとLXの差は気にならないけど、風があるとやっぱり小さいほうが楽だと感じる。
LXのほうがフライシートが大きいので煽られるのと、ポールにとめるマジックテープの数が多いのがちょっと面倒くさい。

ツーリンドームの気に入ってる点

・広い前室
・人気/定番=生産数多い=品質が安定
・前後開閉・メッシュになる

もっとお金をかければ、もっと高機能、かっこいいテントはあるけど、価格、機能、品質のバランスが、いいテントだと思う。

5000円弱で買った初テントは、30回くらい使うとポールが裂けたり、ゴムがダルダルになったりしたけど、ツーリングドームLXは同じくらい使ってもまだ劣化は気にならない。

気に入らない点を強いて言うなら、

・STの収納サイズ・重量がもう少しコンパクトだとよかった
・キャンプ場で他のキャンパーとかぶる

めっちゃかぶる。

STにナチュラクカモがあったらなー。この柄欲しかった。

どっちがおすすめ、というのは一概にはいえませんね。
スタイル、時期、頻度、持ってる道具など人それぞれで、求めるものが違うので。

私は、主にコットを入れたり荷物の多い冬や連泊するときはLX、それ以外の時はSTを使用しています。

もっと詳しく⇒ You Tube 動画

ソロキャンプにおすすめテント、コールマン ツーリングドームST vs LX 徹底比較